MENU

明日葉が配合されることでどんな働きをしてくれるの?

明日葉

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は、モリンガやクマザサの他に八丈島産の明日葉を使用している青汁です。これは日本原産のセリ科の多年草で、生命力が強く成長も早い植物です。

 

古くは「不老長寿の妙草」として珍重されていました。このセリ科の植物はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、良質のたんぱく質も含まれています。

 

100g当たりに含まれる栄養素を他の野菜と比べてみると、ビタミンEはニンジン5本分、カリウムはピーマン8個分、βカロテンはトマト8個分、食物繊維はレタス1.5個分です。

 

植物繊維が豊富なので、腸の蠕動運動を助け便秘を防ぐことができます。

 

また、カルコンというポリフェノールも含まれているのですが、カルコンには血液中のアディポネクチンを増加させる働きがあることがわかっています。アディポネクチンは脂肪燃焼を高めたり、血糖値を下げる作用などがある物質です。

 

また、明日葉には、NGFというたんぱく質の生成を促す作用があることも分かっています。NGFは神経細胞の生成や維持に関係しているもので、脳神経の機能回復、脳の老化防止に役立つとされています。

 

このように明日葉は青汁製品によく使われているケールよりも栄養価が高く健康面でのメリットが大きい植物です。

 

もちろん、めっちゃたっぷりフルーツ青汁自体は薬のように、特定の病気を予防したり治したりできるものではありませんが、このような成分を考えると、毎日飲み続けることによって健康維持に役立つのは確かなようですね。

 

 

≫ TOPページ